子供の学び

幼児におすすめの絵本サービスと定期購読についてご紹介

幼児教育にもおすすめ!ということで絵本を読んであげたい。でも絵本沢山あるし、どういう絵本を選べばいいのかわからない!あれこれ絵本を買ってみた筆者目線で、赤ちゃんから幼児期までの絵本の選び方を解説!また定期購読絵本についてもいくつかご紹介しました。

0~1歳児の絵本選ぶなら厚紙絵本にすべし

絵本のタイトル・中身よりなにより、0~1歳児の絵本はまず素材に気を付けて選びましょう。

これは筆者も我が子を育てて経験し、初めて気がついた点です。
絵本の読み聞かせに気が付き、興味を持つ時期は早くて5~6ヶ月程からです。実際に手を伸ばして~となるともうちょっと後くらい。

その辺の月齢は、絵本に興味があるというよりは「手にできるものは食べてみよう!」が先の興味になってます。

なので、紙ペラな絵本だとほぼグシャグシャにされ、破られ、挙句の果てには食べられます。

正直言って絵本って1冊がわりと高価なものですよね。
そんな高価なものを、一瞬でぐしゃぐしゃにされてしまう瞬間。赤ちゃんだから仕方がないとは頭で思いつつも「あ”ー!!!!」と、絶叫したくなりますよね。

筆者も何回絶叫した事か…。

そんな経験から、0~1歳児の絵本は中身よりもまずは「厚紙仕様」であることが第一ポイントであると言えると思います。

しましまぐるぐるシリーズのおすすめ

我が家でも最初に導入したのが「しましまぐるぐる」と「あかあかくろくろ」のシリーズです。

少し大きいですが、しっかりとした厚紙仕様。赤ちゃんが手にしても危なくないように角は丸くなってます。

中身ははっきりとした色と形でまとめられていて、我が子も最初はじーっと見るだけでしたが、8ヶ月頃には興味を持って喜んでみておりました。

その中でも特に気に入っていたのは右にある「もいもい」です。

この表紙に描かれている物体が色んな大きさ、形になって登場します。

文章も意味はなく「もいもい」や「まいまい」など。

何が気に入ったのかはわかりませんが、とてもお気に入りで何度も「読んで!!」とこの絵本を抱えて持ってきました。

今でもお気に入りではあるようで、時々一人で転がりながら眺めてます。

筆者はミニサイズを所有しておりますが、大きいサイズもあります。

ちなみにこの「もいもい」シリーズは赤ちゃんの為に研究され、その研究には赤ちゃんも参加して作られた絵本です。

反応をみて、どんな色形が良いかをみて作成されているようです。

d21.co.jp

生後9ヶ月以降は好みをみつけよう

我が子の場合ではありますが、生後9ヶ月頃には何となく「のりもの」が好きらしいと言うのがわかってきました。

その時、傾向を見るために利用したのがダイソーさんの絵本でした。

「え?ダイソー(100円)の絵本?」と思われるかもしれませんが、これが思いのほか良い商品なのです。

ご覧のとおりで全て厚紙仕様です。サイズはコンパクトで、1冊100円。
どうぞお好きにして下さい!と赤ちゃんにも気軽に託せる代物です。

ちなみにこれは我が家で所有しているダイソー製絵本の1部です。(他に数冊あります)
上の4つの絵本はどれもお気に入りですが、特にお気に入りなのがシリーズ3の「じどうしゃ」です。

最後の自動車が沢山描かれているページが大好きで、そのページをキープされてました。

その傾向から「のりもの」が好きなのかな、ということで「はたらくもりもの」「のりもの」の本を追加購入。

赤い方の「はたらくのりもの」の方が好みのようだということが分かりました。

(電車や飛行機よりも重機系の車やトラックがお好みのようです)

このように、好みがはっきりと分かってくると絵本に限らず、おもちゃとかも選びやすくなりますよね。
あまりおもちゃは買い与え過ぎをしたくないので、できれば絵本で充実させたいなと思い、クリスマスプレゼントにはのりものの絵本を贈る事にしました。

好みのジャンルの絵本を選ぼう

例えば我が家の場合「のりもの」なので、楽天市場等で「絵本 のりもの」で調べてみるとすごい件数がヒットします。

いくらジャンルが絞られた、とはいえ、そこからの選別も大変なものです。

そこで利用を始めたのが絵本ナビ さんです。

絵本ナビの無料登録で試し読みをしよう

こちらの絵本ナビさんでは、0歳~12歳 、そして大人向けまでさまざまな数多くの絵本が取り揃えられております。
その中で現時点で「ちょっとお試し読み」ができる絵本は9245作品、「全ページ試し読み」ができる絵本はなんと2388作品もあるのです!
定番の作品から、珍しい作品まで本当にもう沢山ありますので、試し読みが出来るのは有難いシステムです。

無料会員登録で試し読みできますので、ぜひご活用頂ければと思います。

なかなか絵本が選べない場合は定期購読がおすすめ

好みが分かってきてもなかなか絵本が選べない、というときもありますよね。偏りを作りたくもないし、という気持ちもあります。

我が家ものりものが好みである事はわかりましたが、そればかりというのも気になり迷っていたところ、絵本の「定期購読」というものを知りました。

先ほどご紹介した絵本ナビ さんでも「絵本クラブ」という定期購読サービスの利用ができます。

年齢に合わせた絵本が毎月送られてくるそうです。

我が家が利用している「定期購読」はこちら。

フレーベル館さんの「ころころえほん定期購読」です。
実は、お世話になっている保育園にて導入されている絵本購読で、毎月月末になると「その月の本」という事で自宅へ持ち帰ってきます。なので毎月1冊自宅に絵本が増えます。

今のところ「とても良い!」という感想です。
もちろん、選んでいるわけではないので、子供の好み・そうでないものはありますが、概ね気に入っているようです。シリーズの中に「のりもの」な本があり、やっぱりそれは大のお気に入りです。

童謡が絵本になっている作品もあるので、親も楽しめながら読んであげることが出来るのでいいかなと。

特にお気に入りはこの4冊。

ご覧のとおりで、こちらの絵本も角は丸くなっております。全て厚紙仕様です。
さすが分かっていらっしゃる。

他の絵本定期購読サービス

いくつかありますのでご紹介します。

クレヨンハウスブッククラブ

クレヨンハウスの定期配本サービス「絵本の本棚」は、対象年齢が0歳から小学生、またバラエティーコースでは大人の為の絵本の配本サービスもあります。
有名な人気の絵本が毎月約2冊配本されます。
コース 0~3歳(A~Dコース)、3~6歳(D~Fコース)、1年生~3年生(G~Jコース)、4年生~6年生(K~Mコース)
価格 配本される絵本によって異なるため定額制ではありません。
毎月1,500~3,000円+送料で、年間2万~2万5千円程です。

詳細ページ公式ページ

福音館書店

年齢に合わせた豊富なコースで毎月1冊の本が届けられるサービスです。
ものがたり絵本、かがく絵本と種類も分かれているので、お子様の興味に沿ったコースを選ぶことも可能です。
コース 【ものがたり絵本】10か月~2歳、2~4歳、4~5歳、4~5歳、5~6歳
【かがく絵本】3~5歳、5~6歳
価格 幼児向けシリーズ…5,280円 / 毎月440円 別途送料

詳細ページ公式ページ

ワールドライブラリー

日本語翻訳された世界の選び抜かれた絵本が付き1冊配本されます。
届けられる絵本にはストーリー絵本だけではなく、しかけ絵本もあります。
コース 配本開始選択制。
「お子様の年齢に合わせてスタート」か「1歳3ヵ月」~「7歳9ヶ月」まで1ヶ月単位で選択をする事が可能
価格 月額1300円(税・送料込み)

詳細ページ公式ページ

 

さいごに

さて、絵本についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

以前、「マツコの知らない世界」の読み聞かせ絵本の世界にて、紹介をしていた方が「絵本は教育の為じゃなくて、楽しむ為のもの」という様な事をおっしゃっていて「そうだよね。勉強させたい、知育のためとか、親が押し付けて読ませるものじゃなくて、一緒に楽しむものだよね」と、なんだかとても腑に落ちた記憶があります。

筆者自身、どこか「知育のために本を読ませるのだ!」と思っていた節があったのだと思います。

今では「楽しむためのもの」という考えのもと、あれこれ考えて絵本を選ぶことはやめました。

現時点では定期購読もあるし、そんなに「絵本!絵本!!」って感じで無理に増やして揃える必要もないかなと思っております。

知識として教えなければならない時期になったら、またその時に考えればいい話なので、まずは切り離して「楽しむ!」をメインの視点にしてみるのもいいかもしれません。

どなたかの参考になれば幸いです。