【お絵描き】

【自宅で趣味お絵描き】基本を学んで色々描こう!!

自宅で出来る趣味お絵描き。折角なら効率の良い方法で基本から学んで色々描けるようになりましょう!上達の近道教えます!!

絵描きの催促上達方はずばり観察と模写

こちらの記事でも言っております通り、私の趣味お絵描き歴は25年ほどです。

www.soup-days.com

えらい長い期間ではありますが、ぐぐっと「理解できてきたな」と自分でも思い始めたのはここ数年です。

ちよこ

25年も描いていてたった数年?!じゃあ即上達なんて無理じゃん!!

と、思われちゃいそうですね。

いえいえ、これは断言できます。

私が絵の学び方を長年間違っていただけです。

この一言につきます。

まあ回り道はしましたが、これはこれで良かったと思っております・・・が、間違った知識が凝り固まっていて、それをぶち壊すのに非常に苦労しております。

はい。これは現在進行形の話です。

よく趣味で絵を描く人がいう「手癖が酷い」という言葉。

聞いた(見た)ことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、この「手癖」が本当に厄介なヤツなのです。

絵は「独学」でも描けます。でも「独学」の方向を間違えるな!

はい。これも学生時代よく思っていたことです。

確かに「独学」でもある程度の絵は描けると思います。

かく言う私も美術的な学びをしたのは高校2~3年生の時に美術コース(※)を選択していたため、この時期にデッサンをひたすらやっていたくらいです。

※美術に特化していたのですが、本当にただ静物画デッサンをしていただけで、特別先生に熱心に指導してもらったというわけでもなかったです。なあデッサン大好き人間だったので幸せな時間ではありましたが(笑)

デッサンはしていたものの、今思えば「ただ描いていただけ」で、何も考えていなかった気がします。

しいて言えば「上手く描こう」とは思っていたかもしれません。これ、実は一番良くないです。

デッサンにおいて「上手く描こう」は二の次、三の次の話!

デッサンで一番大事なことは「観察」することなのです!!

絵を独学するなら実物の「観察」と「研究」を怠るな!

これは特に「人物」を描く場合ですね。

もちろん何を描くにしても実際の物体などをしっかりと観察して研究することは大切です。

ですが、イラストやマンガ絵を描く場合特に怠りがちなのが「実物を観察する事」です。

ついつい既存のイラストだけをみて描く、そこから真似して描いてみる…。

後述しますが、「真似」事態は有効的な学び方ですが、「真似」だけでは上達しません。

これも断言できます。私がそうでしたから…。(25年の重みですよ)

イラストやマンガはその通りで、そのまま「絵」になっているわけなので、確かに真似しやすいです。

ある程度真似していけば描けるようにはなります。でもこう言われたらおそらくほとんどの人が「あ、無理」となります。

ちよこ

じゃあオリジナルで自分で考えた構図で描いてみてよ!

これです。

描いてみようとはすると思います。でもかなりの難問なのです。

これもよく聞く話なので、こう言われるとなんとなく理解できると思います。

ちよこ

左向きは描けるんだけど、右向き描けないんだよね~

はい。これよく聞きませんか? 

これも要は「基本」が出来ていないというケースが大多数です。

勿論、得意・不得意はあったにしても、「基本」が理解できている方はどんな向きでも描く事は可能です。

要は、真似はできても基礎が無いから応用ができないという単純な話なわけです。

手始めは「真似」をすること

あれ?矛盾してない?と思われるかもしれませんね。

はい。「真似」だけをしているのはNGです。ですが、これから「絵を描き始めよう」という場合、始めの一歩としては有効な方法になります。

初めて計算問題をする時、まずは既存の問題から解いていきますよね。それと同様と考えて頂ければよいかと。

まずは土台が必要なわけです。

その土台はなんでもいいと思いますが、やっぱり「好きなキャラクター」が一番効果的だと思います。

好きなキャラクターを好きなだけ描く方が楽しいですからね。

最初の記事にも書いておりますが、例えば「鬼滅の刃」とか。

f:id:soupdays:20200504105819j:plain

まずは楽しく描く!!これが一番大事です!!!

ある程度描けるようになったら、次は「観察」「研究」を始めましょう。

絵の基礎勉強におすすめなサイト

個人的にもおすすめですし、とても有名でもあるサイトをご紹介します。

【1】【hitokaku】人を描くのって楽しいね

www.asahi-net.or.jp

超有名なサイトです。とってもわかりやすくやさしく解説してくれております。

こちらのサイトを見ながらじっくりと研究ができる方は確実に上達できると思います。

私はざっくりざっくりとしか見てこなかった為、最初はそこまで読み込めませんでした。だいぶ後になって少しずつ基礎がついてきたかな~と思った時にようやく本当の意味で理解できてきた気がします。

【2】いちあっぷ

ichi-up.net

ヒトだけでなく、様々なアプローチでの描き方がまとめられております。描き方だけでなく、塗り方なども沢山まとめられているので読んでいてもとても楽しいと思います。

【3】パルミー

www.palmie.jp

こちらはそのままお絵描き講座のサイトさんです。無料講座と有料講座があります。まずは無料の情報で勉強するのもありですが、有料だと描き方が分からない部分などを直接質問することもできるようなので、これは有料の強みだと思います。

分からないことはいくら考えてもなかなか答えは見えてきません。下手をすれば泥沼に落ちます。抜け出せなくなる可能性もあります。ですが、第三者からの指摘でガラリと視点を変えていい線が導き出せる事も多々あると思います。

有料で学んでみる事も一つの手です。

絵の基本勉強におすすめな動画

最近はサイトだけでなく、動画でも本当に沢山の有益なお絵描き情報を流してくれているチャンネルがあります!

実際の動きや言葉で教えてくれるので本当におすすめ!!

【1】松村上久郎

www.youtube.com

バンドシネ作家の松村氏のチャンネルですが、お絵描き講座をしてくれております。見やすくて面白いのでお勧め!楽しんで学んでください。

【2】さいとうなおき

www.youtube.com

こちらもプロのイラストレーターであるさいとう氏のチャンネル。お絵描き講座というよりは「イラストレーターになるために」とか「絵がうまくなるためには」といった方法論を優しく丁寧に解説してくれております。

【3】O.U.C 2017

www.youtube.com

「おえかきうまくなろうクラブ」さんのチャンネルです。私は趣味で描いている絵が写実系なので、このチャンネルのADOさんの解説が非常に役に立ちました。

アタリの描き方などもとてもしっくりくる形だったので、こちらの動画をみてからグングンと上達速度が速くなった気がします。

【4】室井康雄

www.youtube.com

絵を描く人なら知っているかも?アニメ私塾を開催されているアニメーター室井氏のチャンネルです。

全体をざっくりシンプルに捉えることがとても大事!!と言っておられる通りで、まずはシンプルなアタリを取る方法など有益な講座を多数投稿してくれております。おすすめです。

自分に適したアタリの方法を見つけよう!

これとっても大事です。

様々なイラスト講座や素人さんのお絵描き講座などでも「アタリ」というものが描かれることが多いですが、大抵丸に十字線ですね。

私も長年丸に十字線でした。でも実はこれが良くなかった。

私にはこのアタリの取り方が適してなかったのです。

先ほどご紹介したO.U.C 2017チャンネルのADOさん方式のアタリの取り方が非常にマッチしておりました!ようやく見つけた!!

f:id:soupdays:20200504160652j:plain

違いおわかりでしょうか。

上は丸で下は四角です。若干どんぐりのようですね。顔の中は十字ではなくて眉間、鼻、口をささっと取る。

これが私のアタリです。とても楽になりました。描きやすいです。

ただ誰もがこのアタリ方法が最適というわけではありませんので、参考になりそうでしたらどうぞお使い下さいませ。

 

もちろん私はまだまだまだまだ学び中です。絶賛まだまだ練習中です。

描けないものは沢山あります。

そんな学びの途中ではありますが、最適なアタリから基礎を得ることでこれくらいはさっくり描けるようになりました。

f:id:soupdays:20200504161315j:plain

【例】ですけどね。

フォトジェニックならぬドロージェニック?なビリー・アイリッシュさん。

写実的に描いてみたりアニメっぽくかいてみたり。遊ぶことができますね。楽しいです。

※普段男性ばかり描いているので若干ゴツいですね…。

さいごに

上達するには「観察」や「研究」などは必要不可欠です。途中で離脱してしまう人もいる、かもしれません。

ですが趣味で絵を描く事根底は「楽しむこと」だと思います。

なのでまずは楽しみながら好きなキャラクターを沢山描いてみて下さい!

では!