子供の学び

【無料】幼児子供向けプログラミング教育の定番Scratchとは?ざっくり解説します!【簡単】

子供にプログラミングを習わせようかと思っているんだけど、よく出てくる「Scratch」って何?どの教室・スクールでも使われているけどいいものなの?そんな親御さんの疑問に元プログラマーの現役SEが解説します!

Scratchってなに?

Scratchはアメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボで8歳から16歳をユーザーターゲットとして作られた無料のプログラミング言語・開発環境の事です。

世界150か国、40言語で学校授業でも利用されております。

なお、文科省の「小学校プログラミング教育に関する研修教材」を見ると、Scratchを利用する教材例がありますので、小学校の授業でもこのScratchが使われるかもしれませんね。

ちよこ
ちよこ
え?ちょっと待って、無料ですって?

そうなのです。このScratch実は特別な開発環境不要で公式サイトから自由に完全無料で利用することが出来ます!

Scratch公式サイト

公式サイトの上部にある「作る」というメニューをクリックすると、こちらの画面に映ります。この画面プログラミング教室の案内、もしくはTVの特集などで見かけたことないですか?

ちよこ
ちよこ
あ、見たことある!有料教材かと思ってた!

なんと無料の開発環境なのです!

なので実はプログラミング教室に行かずとも、こちらで無料で学ぶこと自体は可能なのです。

ちよこ
ちよこ
なんだーじゃあわざわざお金掛ける必要ないじゃん

そう思われた方。ぜひ「作る」から操作してみて下さい。

ちよこ
ちよこ
えーっと、で、この画面で何をどうしたらいいの?

おそらくこうなると思います。パッと見で、「Code」タブに置かれているものをみて「これが命令部分なんだろうな」という事は分かりましたが、元プログラマーの筆者でも初見での操作はちょっと分かりませんでした。

プログラミングに精通していない親御さんならなおさら分からないと思いますし、ましてやパソコン操作自体慣れないお子様ならもっともっとわからないと思います。

ということで、簡単に使い方を解説していきます!

Scratchの使い方【スプライトを動かそう】

日本語表示に設定する

では、まずはScratch公式サイトを開きます。
Scratch公式サイト

上部メニューの「作る」をクリックします。

最初に開いた時英語表示になっている事もありますので、左上の地球儀マークをクリックし、日本語選択して日本語に変えましょう。

これで開発環境が整いました。

エリアの解説

画面上の各エリアはざっくりこんな感じですね。コードはドラッグして隣のコードを置くエリアへ持ってくることが出来ます。

コードをうまく並べ、右にいるスプライトというネコのキャラクターを動かすプログラミングをしていきます。

今回はこのスプライト君を動かして、端まで行ったら跳ね返るというものを作ってみます。

ちなみにコードは「イベント」や「制御」などもあり、内容はこんな感じです。

ちよこ
ちよこ
if文やfor文的な要素ですね

…と、分かる人はわかるかと思います。

イベントを作る

まずはプログラムのきっかけ作りをします。例えば「クリックされた時」や「画面を開いた時」など、これを「イベント」と言います。

今回は「旗印が押された時」をイベントとします。

  1. 左のメニューから「イベント」をクリック
  2. 「(旗)が押された時」を選択
  3. ドラッグ(クリックしたまま)して隣のエリアへ持っていきコードを置く

これで「イベント」のプログラムができました。

動きの制御をする

今回は「スプライト君を動かして、端まで行ったら跳ね返る」という動作をつくりますが、制御の部分はというと、「動き続ける」と言うのが制御部分になります。

人間なら「端まで行ったら」と聞けばそこまで動き続ける(歩き続ける)ものという事が分かりますが、コンピューターにはそれを指示(命令)しないと動き続ける事はしません。

その為「動き続ける」という制御(命令)が必要になります。少し本格的に言うと「for文」というプログラミング構文がそれにあたります。

  1. 左のメニューから「制御」をクリック
  2. 「ずっと ↑」を選択
  3. ドラッグ(クリックしたまま)して隣のエリアへ持っていき「(旗)が押された時」につなげるようにコードを置く

ここまでで、「(旗)が押された時にずっと〇〇をする」というプログラミングができました。

次はアクション(動き)です。

アクション(動き)をつける

今回の動きはまず「歩く」そして「端まで行ったら引き返す」という動きになります。

こちらをプログラムしていきましょう。

  1. 左のメニューから「動き」をクリック
  2. 「(10)歩動かす」を選択
  3. ドラッグ(クリックしたまま)して隣のエリアへ持っていき「ずっと↑」の空いている箇所につなげるようにコードを置く
  4. 「もし端に着いたら、跳ね返る」を選択
  5. 「(10)歩動かす」につなげるようにコードを置く

これで、「(旗)が押された時にずっと歩き、もし端に着いたら跳ね返る」というプログラミングができました。

プログラミング完了

ここまでプログラミングしたら旗印をクリックしてみましょう!すーっと端まで行ったら跳ね返るという動きをすると思います。

右端で跳ね返るとき上下逆になって返ってくると思いますが、これも勿論設定で変更する事はできますが、今回は割愛させて頂きます。

これでプログラミング完了です!

プログラミングは難しくない!でも…

いかがでしたでしょうか。難しかったですか?

プログラミングというと、黒い画面にカチカチとひたすら謎の文字を書き込んで…というイメージあったと思います。

ですがScratchはいかがでしょう?

日本語で単語が書かれているものをうまく繋げていくだけで結果を出すことができますよね。プログラミングの入門としては最適な言語・開発環境です。

独学には限界がある

勿論個人の興味度の高さにもよると思います。

最初は簡単に動かしたりすると思いますが、恐らく早い段階で飽きてしまう可能性もあります。

それは「課題が無い」からです。

やっぱり自分だけでプログラミングするのは初心者であればあるほど限界があります。

なぜかと言うと、引き出しが無いからです。

イベントを作り、制御をし、行動を考える。

単純なようでバリエーションを考えるのは大変です。これが思いつかなければやっぱり飽きてしまいます。

それでは勿体ないですよね!

プログラミングスクールで効率よく学ぶ

やっぱりここに行き着くのかなと思います。

ただ、プログラミングスクールって都内には沢山ありますが、少し郊外になるとなかなかありません。

ちよこ
ちよこ
筆者宅も郊外の為、子供が通える範囲にはスクール全くありません!!

あったとしても共働きなので習わせるの難しく、時間もそして費用も掛かるな…と思っておりました。

そんな時見つけたのが子供向けのオンラインプログラミングスクールです。

これなら時間も曜日も関係ないですし、何より費用が安い!!

おすすめのオンラインプログラミングスクール

筆者も子供にぜひ習わせたい!と思い、早速色々と調べてみました。

そんな中でコース・お値段共に気になったスクールをご紹介します。

DToyBox(:DDDToyBox)

システム開発会社が提供するプログラミング教室のオンライン版プログラミング教室です。

教材や指導法は、実際の開発現場で活躍したプログラマー・システムエンジニアが監修するため生きたプログラミングを学ぶことができます。
コースは全17回のレッスンのみですが、Scratchにて回毎にレベルアップしていくことができます。

対象年齢 小学3年生~中学生
レッスン時間 月4回
コース 第1~17回までのカリキュラムを月々2回配信
料金プラン 月額1,700円
必要ツール インターネットとパソコン
無料会員登録で第1回のレッスンが可能!

詳細ページ公式ページ

D-SCHOOL

月に一回新しい課題が公開されますので、解説動画を見ながらプログラミングに挑戦していきます。

人気ゲームのマインクラフトと幼児子供向けプログラミングScratchをベースにしたマイクラッチコースを始め、英語と共に学習も可能なコース、専用のパーツ(ブロック)を使って作るロボットコース、そしてScratchを利用してゲームを作るゲーム制作コースなど様々なコースがあります。

対象年齢 小学生~中学生
レッスン時間 【マイクラッチコース】90 – 120分
【英語&プログラミングコース】90 – 120分
【ロボットプログラミングコース】90分
【ゲーム制作コース】40〜60分
コース マイクラッチコース
オンライン個別指導コース
英語&プログラミングコース
ロボットプログラミングコース
ゲーム制作コース
料金プラン 【マイクラッチコース】
月額:3,980円
年額:32,835円(月2,985円 25%お得)
【英語&プログラミングコース】
月額:3,980円
【ロボットプログラミングコース】
月額 4,980円(ロボットキット込)
【ゲーム制作コース】
1,980円
必要ツール インターネットとパソコン、Zoom
会員登録で各コース14日間無料レッスン!

詳細ページ公式ページ

おすすめのオンラインプログラミングスクール他にも4社まとめておりますので、よろしければこちらご覧下さい。

【子供向】オンラインプログラミング教室6選!料金・内容徹底比較【無料体験有】習わせたいけど「近所に無い!」と悩む親御さんも多いプログラミング・ロボット教室。オンラインならいつでもどこにいても受講可能!お家学習にも最適!そんな子供を対象としたオンラインスクールを元プログラマーが6社厳選し、料金・内容情報をピックアップして比較します。...

さいごに

折角今回Scratch調査をしてみたので、子供が本格的にプログラミングを手にする前に親として、元プログラマーとしても事前に知識を仕入れておこうかなと思います!

ちよこ
ちよこ
息子には「ママ(元)プログラマーなんだよ」ってドヤりだいので(笑)

皆様もぜひお子様と一緒にプログラミングやってみて下さい!

スマホ版アプリもあります

ちなみにこのScratchですが、スマホ版のアプリもありますのでさいごにご紹介します。

Scratch Jr

今回ご紹介したScratchよりも幼児向け(5~8歳)に作られたアプリなので、より視覚的で分かりやすくなった幼児向けプログラミングアプリです!

Scratch

今回ご紹介したScratchのアプリです。ブロックが小さくて使いにくいというレビューもありましたので、スマホよりはタブレットとか少し画面が大きい端末で利用した方がよいかもしれません。

※iOS版はありません。

また、完全無料のプログラミングアプリもまとめましたので合わせてご覧下さい。

【完全無料】子供向けプログラミングアプリ7選!【簡単】プログラミング分野に興味のある親御さんもいらっしゃると思います。スクールもあるけれど、とりあえずは無料アプリで何かいいものないかしら?とお探し中のパパ・ママの為に、完全無料の幼児教育・子供向けプログラミングアプリを現役SEがご紹介!...

では!