副業関連

【失敗談有】はてなブログからロリポップへWordPress移行!リダイレクト方法詳細解説有

はてなブログからWordPressへと移行しました。レンタルサーバーは安価のロリポップです。移行の際、パーマリンク設定に手間取り、リダイレクトツールが使えず困り果てましたが、手動でリダイレクトファイル作って成功しました!詳細解説します。

こんな方におすすめ

はてなからWordPressに移行しようと思うけど流れを知りたい
はてなからロリポップサーバーに移行したいけどどうやるの?
パーマリンク設定が心配なんだけど…
WordPressでリダイレクト設定ができない!!どうしたらいい?!

WordPress移行の流れ

まずはざっくりとはてなブログからWordPressへ移行する際の流れをまとめます。

筆者は独自ドメインはムームードメインで、レンタルサーバーはロリポップ!を利用しております。

  1. レンタルサーバー(ロリポップ!)を契約する
  2. はてなから記事データをエクスポートする(以降更新はしない)
  3. はてな側の独自ドメイン設定の解除
  4. ムームードメイン側のDNS設定からはてなを削除
  5. ロリポップサーバー側の独自ドメイン設定
  6. ムームードメイン側ネームサーバー設定変更
  7. ロリポップサーバー側独自SSL設定
  8. ロリポップサーバー側WordPress簡単インストール
  9. WordPressに有料テンプレート「JIN」をインストールして有効化
  10. WordPressパーマリンク設定を変更
  11. 独自SSL設定を確認後WordPress一般設定のURLに「https://」設定
  12. はてなからエクスポートしたデータをWordPressへインポート
  13. URLのリダイレクト設定を「.htaccess」に反映する
  14. 広告管理(Google AdSense)の設定を行う
  15. アイキャッチなどの記事調整を行う

ざーっとこんな感じで行いました。

ちよこ
ちよこ
難しそう~・・・

に、見えるかもしれませんが、サーバー移行自体はそんなに難しくありません。

WordPress側の設定や修正の方が結構面倒です。筆者もここでちょっと躓きかけて危なかったです。

では早速流れを詳しく解説していきます!

レンタルサーバーの契約

流れにすでに書いております通り、筆者は独自ドメインはムームードメインで、レンタルサーバーはロリポップ!を利用しております。

なぜ両社を選んだかと言うと「安いから」というのと、もう20年近くのヘビーユーザーだからです。

これまで使用してきて特に不満に思ったことはありませんでしたが、専用ページも分かっていることから今回のレンタルサーバーもロリポップ!を選択しました。

レンタルサーバー料金比較

簡単にレンタルサーバーの料金比較します。

エックスサーバー

ブロガーに大人気のエックスサーバーの料金表はこちら。

heteml

こちらも人気のhetemlヘテムル)サーバーの料金表はこちら。

ロリポップ!

こちらは筆者が利用中で今回ご紹介するのロリポップ!料金表です。

3社まとめ

では3社のおすすめプランから12か月(1年分)の料金等で比較しますね。




おすすめプラン X10 ベーシック スタンダード
料金 15,000円(税抜) 12,800円(税抜) 7,500円(税抜)
ディスク容量 200GB(SSD) 200GB(SSD) 120GB(HDD)
無料独自SSL 有り 有り 有り
無料お試し期間 10日間無料期間有 15日間無料期間有 10日間無料期間有
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ
ちよこ
ちよこ
ロリポップ圧倒的に安いですね~

なぜ安いかというとディスク容量を見て頂ければお分かりかと思いますが、HDDで容量も低いんですね。

ちよこ
ちよこ
これで大丈夫なの?

普通にブログ利用する分には全然問題ありません。とんでもなく人気のインフルエンサーならともかく、まだ駆け出しブロガーであればスタンダードプランでも大丈夫です。

ちなみにロリポップ!にも200GB(SSD)容量のハイスピードプランがあります。こちらはお値段が15,000円になりますので、エックスサーバーと同じですね。

ちよこ
ちよこ
あれ?じゃあ容量で考えればヘテムルが一番安い?

そうですね。ヘテムルとてもお得です!

まあ、筆者のようにレンタルサーバーにそこまで費用掛けなくてもいいかなという場合はロリポップ!でいいと思いますし、「いや、自分はインフルエンサーになる!」というのであればヘテムルでもよいのかなと思います。

どちらも運営会社はGMOペパボ株式会社ですので、あとは好みかなと思います!

ちなみに、ロリポップ!は最近土日限定で全プラン初期費用無料キャンペーンを頻繁に実施されております。筆者もこのキャンペーン中に登録をしたのでスタンダードプラン7,500円のところ、6000円で契約しました!
「なるべく費用は抑えたい!」というはぜひロリポップ!サーバーチェックしてみて下さい!

ではレンタルサーバーの契約を終えたら次に進みます。

はてなブログの設定

記事データエクスポート

これはとても簡単です。ボタンひと押しです。

はてなブログのダッシュボード(管理画面)へ行き、「設定」をクリック。

「詳細設定」タブをクリックし、下の方にスクロールすると「エクスポート 記事のバックアップと製本サービス」がありますので、「記事のバックアップと製本サービス」をクリックします。

エクスポートのページへ遷移します。

「ダウンロードする」ボタンをクリックするとテキストファイルがダウンロードされますので保存先確認しましょう。

独自ドメイン設定解除

はてな側の独自ドメイン設定を解除します。

ダッシュボードの設定から詳細設定へ移動します。

独自ドメインに入力されている設定を消して、ページ下にある「変更する」ボタンをクリックします。

これではてなブログの独自ドメイン設定解除完了です!(簡単!)

ドメイン・レンタルサーバーの設定

ムームーDNS設定変更

ムームードメインのコントロールパネルから「ムームーDNS」の設定変更をします。

設定しているものをクリア(手動で削除)にして、「セットアップ情報変更」ボタンをクリックします。

これではてなブログへの切り離しは完了です。

ロリポップサーバーの独自ドメイン設定

ロリポップ側の設定になります。ユーザー専用ページにログインします。

「独自ドメイン設定」をクリック。

設定する独自ドメインに取得しているドメインを設定します。公開フォルダは設定無しで大丈夫です。次の画面でムームードメインのログイン情報入力が必要ですので、進めていくと設定完了します。

ムームードメインでネームサーバー設定

ムームードメインのコントロールパネルに戻り、ネームサーバーの設定変更をします。

「ロリポップ!レンタルサーバー」を選択し、「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリックします。

ロリポップサーバーの独自SSL設定をする

再びロリポップ側に戻り、セキュリティから「独自SSL証明書導入」をクリックします。

「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリックします。

ちよこ
ちよこ
これをする事で「https://」の設定がされますので重要です!またこの設定は完了までちょっと時間かかります

WordPressの設定

WordPress簡単インストール

いよいよレンタルサーバー(ロリポップ)側でWordPressの設定をしていきます。

ちよこ
ちよこ
実は超簡単です

専用ページの「サイト作成ツール」から「WordPress簡単インストール」をクリック。

サイトURLには設定済みの独自ドメインが選択されていると思いますので確認してください。「入力は任意です」の部分は特に入力する必要はないと思います。

WordPressの設定をします。すでにサイトタイトルはあると思いますので、上から入れていきます。

ユーザー名、パスワードはWordPressの管理画面に入る際のものになります。GoogleChromeの自動パスワード設定で登録してしまうと、このWordPress作成後のログイン時自動反映されないのでちょっと面倒です。なので、自分がわかるパスワードにしておいた方が後々楽かな。

内容確認し、作成完了です。

これでWordPressできました!

ちよこ
ちよこ
ね、簡単でしょ?

WordPressテンプレートをインストールする

これは筆者の場合ですが、今回のWorsPress移行を機に本格的に頑張ろうという意も込めて、有料のテンプレートを購入しました。

有名な「JIN」というテンプレートです。

日本のアフィリエイトブログを実際に運用している方が製作されているので、使い勝手も勿論ですが、SEO対策や収益化機能も付いているという所が魅力で購入を決めました。

お値段¥14,800(税込)です。お安くはないかもしれません。ですが、このJINに変えたおかげなのか、Google AdSenseの収益が日平均で上がっています。

ちよこ
ちよこ
まじか!

この記事は現在移行してから数日で作っているので、まだ分からないのですが、肌感として「上がっている」と思えるので素直にすごいなと思ってます。

このまま着実に収益上がればこのお値段も決して悪くない「投資」なのかなと思っております。

こちらのテーマをWordPressにインストールし、有効化します。

WordPressパーマリンク設定(ここで失敗?)

WordPressダッシュボード左メニューの「設定」から「パーマリンク設定」をクリック。

記事のURL生成を設定する箇所になります。

実はここの設定に筆者は超躓きました。

URLを生成・設定するという事は今まではてなブログで作っていたURLをそのまま引き継げるかそうでないかの問題なので、場合によってはSEO的に大打撃を食らう事になります!!

ちなみに筆者は設定に失敗をしたのか、それとも現在のWordPressの仕様ではてなブログで生成されていたURLが設定できないものなのか分かりませんが、引き継ぎ失敗しました!

ちなみに、はてなブログのURLはドメイン/entry/yyyy/mm/dd/hourminuetsecondです。(entry/西暦/月/日/時間分秒)

なので、「/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%」で設定しよう!というはてなブログ⇒WordPress移行解説サイトに書いてある場合もあるのですが、筆者はこの方法ではダメでした。

筆者が設定したのは「/entry/%postname%/」です。

ちよこ
ちよこ
あれ?これじゃあURL変わっちゃう・・・?

そうなのです。URL変わってしまいました。でもそれを回避する方法を「リダイレクト」で処理しましたので、後述します。

独自SSL設定の確認

ここで一旦レンタルサーバーに戻り、独自SSLの設定が完了しているか確認します。

「SSL保護有効」になっていれば設定完了!

WordPress側の「設定」>「一般」からURLを「https://~」へ変更。

ここ設定しておかないと独自SSL設定がサーバー側で出来ていても反映されないので忘れず設定しましょう!

エクスポートしたデータをWordPressへインポート

さて、いよいよデータをWordPressへ移します!

「ツール」>「インポート」をクリックします。

「Movable Type と TypePad」からインポートを実施します。

エクスポートしたファイルを選択して読み込み開始するとあっという間に完了します。

URLリダイレクト設定(超重要!)

インポートした記事は、先ほど設定したパーマリンク設定を元にURL生成がされてこのような形になります。

entry/2020-06-24-010101

ちよこ
ちよこ
あれ?はてなのURLって「entry/2020/06/24/010101」なんだよね?

そうです。「/(スラッシュ)」から「-(ハイフン)」へ変わっちゃってます。

勿論、URLが変わっちゃっているのです。

ちよこ
ちよこ
え!インデックス上位にされているのあるんだけど…

Googleに上位表示されている記事もあると思いますが、現時点では「ページがありません」になります。

ちよこ
ちよこ
えー!困る困る!!どうしたらいいの?!

そこで筆者も調査して色々試しました。

結論としては「.htaccess」でのリダイレクト設定で解決できました。

が、一応流れを一通り解説しておきます。

WordPressのプラグイン「Redirect」→失敗

パーマリンク設定を色々試しました。

「/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%」で設定したものの、認識しないのかブログトップのアイキャッチからページへの遷移がNG。

勿論Googleからの遷移もNG。

パーマリンクを「/entry/%postname%/」に設定すると「-」になるものの、ページの表示は可能の為、「/」→「-」へリダイレクトさせることを試す。

WordPressでのリダイレクト方法はプラグインの「Redirect」が推奨されている記事を多く見かけたので、こちらを試すも失敗。

何度やっても時間をおいて様子をみてもリダイレクトせず。

WordPressプラグイン「Permalink Manager Lite」→失敗

パーマリンクは記事ごとに設定変更をする事が可能なのですが、WordPressではそもそも「/」が認識できないらしいとのこと。

こちらも調査してみたらプラグインを使う事で「/」有効化にできるらしいとのことで「Permalink Manager Lite」を使ってみる事に。

早速記事編集で「-」を「/」に変更してみるものの、「変更」ボタンをクリックした瞬間に「-」に戻ってしまう。

こちらも失敗。

.htaccessでリダイレクト設定→成功!

正直頭を抱えました。

そこで最終的には「手動だ」という事で、「.htaccess」ファイルでリダイレクト設定をする事にしました。

筆者が利用させてもらった「.htaccess」生成ツールはこちら。

リダイレクト用.htaccess

もちろん無料です!ありがたい!!

移動前ファイルパスに「/entry/2020/06/24/010101」を入力し、転送先URLはフルパスのURLを入力し、「生成!」ボタンをクリックします。

すると、下記のような内容が作られます。

<Files ~ “^.(htaccess|htpasswd)$”>
deny from all
</Files>

Redirect permanent /entry/2020/06/24/010101 https://www.abcabc.com/entry/2020-06-24-010101/

order deny,allow

ちなみにURL入力は必要な記事数分すべて入力しますので、10記事分あれば生成されるデータも10URL分行が出来ます。

ちよこ
ちよこ
めちゃくちゃ手間…

そうなんです。手間なんです。筆者は45記事程度だったのでまだどうにかなりましたが、100記事以上あると非常に心が折れる作業ですよね。

数記事であればこのサイトを利用させてもらうのが一番楽だと思いますが、記事数が多い場合のやり方も解説しちゃいます!

.htaccessファイルを追加・編集する事でサイトが見えなくなるなどの不具合が発生する可能性もあります。その為、.htaccessファイルを追加・編集する際は自己責任で対応お願いします。

多量に記事がある場合のリダイレクト対処方

テキストエディタとエクセルorスプレッドシートがあれば対応可能です。

数十記事でも勿論このやり方で対応可能なので、ご紹介します。

テキストエディタで日付を抽出

「サクラエディタ」という無料のテキストエディタソフトをダウンロードしてください。

サクラエディタ ダウンロード

ダウンロードをしたら、はてなからエクスポートしたテキストデータをコピーします。

念のためこのコピーしたデータの方を利用します。

【1】サクラエディタでコピーしたデータを開きます。

【2】メニューバーの「検索」>「Grep(G)」を選択

【3】条件に「DATE:」を入力、「現在編集中のファイルから検索」にチェックをいれ、「検索」ボタンクリック。

【4】「DATE:」が含まれる行がずらーっと表示されます。

下書きにしている記事も含まれておりますのでご了承ください。

【5】検索結果の行だけをコピーし、サクラエディタを新規で開き、そちらにペーストします。

【6】メニューバー「検索」から「置換」をクリック

【7】置換前に半角スペースを一つ、置換後に「\t」を入力、「正規表現」にチェックを入れて「すべて置換」をクリック

すると、半角スペースだった部分に「Tab(^ )」が配置されます。

エクセルorスプレッドシートで調整

エクセルかGoogleのスプレッドシートを開きます。
(筆者はエクセルが無いのでスプレッドシートで実施します)

置換処理したテキストをコピペします。

こんな感じに各セルにデータが入ります。

不要なA列~D列は削除します。

関数を使って小細工していきます。(エクセル・スプレッドシート共通で使えます)

まずは先頭行に1列追加します。追加したA1セルに自分のURLと「/entry/」まで入力しておきます。

B列の日付の形式を統一する為にちょっと編集。B列を列選択します。

スプレッドシートの場合、「表示形式」>「数字」>「表示形式の詳細設定」>「カスタム数値形式」を選択し、「hhmmss」を入力し「適用」ボタンをクリックします。

エクセルも同じく変更します。B列選択し、右クリック「セルの書式設定」を選択。

「ユーザー定義」を選び、種類のテキストボックスに「hhmmss」と入力し「OK」ボタンをクリックします。

続いてC2セルに「=”Redirect permanent /entry”&mid($A2,6,5)&”/”&mid($A2,1,5)&”/”&text(B2,”hhmmss”)&” “&$A$1&mid($A2,7,5)&”-“&mid($A2,1,2)&mid($A2,4,2)&”-“&text($B2,”hhmmss”)」と入力します。

この記事は関数講座ではないので、内容の詳細は今回割愛させて頂きます!

が、これで元URLと転送先URLが組みあがりました。

行分すべて処理しちゃいたいところですが、まずは一行だけでちゃんとリダイレクトがされるかを確認しましょう!

.htaccessファイルの作成

ロリポップサーバーの場合、ロリポップ専用ページから「ロリポップ!FTP」が使えますので、こちら利用します。

「サーバーの管理・設定」>「ロリポップ!FTP」をクリック

ずらっとファイルが並んでおりますが、この内容がサーバーに作られているWordPressの中身になります。

フォルダのすぐ下に「.htaccess」がすでに作られておりますので、こちらに追加をしていきます。

先ほども注意点として記載しておりますが、このファイルは最初に読み込まれるサイトデータになるためこのファイル内容に不具合があるとサイト自体が表示されないなどの異常が発生する可能性もありますので、注意して操作してください。

ちよこ
ちよこ
個人サイトですし、必要以上に怖がる必要もありませんが、念の為記載しておきます

「.htaccess」をクリックすると中身が見られる&編集できるようになります。

まずは、属性を「604」へ変更。

ファイルの中身にはすでにこんな内容が書かれていると思います。

この表記の「」にリダイレクトの構文を追加します。

<Files ~ “^.(htaccess|htpasswd)$”>
deny from all
</Files>

Redirect permanent /entry/2020/06/24/010101 https://www.abcabc.com/entry/2020-06-24-010101/

order deny,allow

「Redirest~」からアドレスの部分は先ほどエクセル・スプレッドシートで作ったデータのC2をコピーして貼り付けでOKです。

上部の

<Files ~ “^.(htaccess|htpasswd)$”>
deny from all
</Files>

下部の

order deny,allow

をつけましょう。

「.htaccess」の変更を保存し、まずはブログにアクセスできるか確認。

確認出来たら「https://www.abcabc.com/entry/2020/06/24/010101」にアクセスし、「https://www.abcabc.com/entry/2020-06-24-010101/」にリダイレクトが確認出来たら成功です!!

エクセル・スプレッドシートの内容も問題なさそうなので、1行目以下複製します。

C2セルを選択し、赤丸部分をダブルクリックすると、下の行までザーッと作る事が出来ます。

ここで改めて、「.htaccess」に追加していきます。

こんな感じですね。

これでリダイレクト設定完了です!

ちよこ
ちよこ
いやーお疲れ様でした!

このリダイレクトは筆者も非常に困って躓いた点なのですが、正直参考になる記事がなくて…。

同時期にWordPress移行して困っている方もいるかも?ということでちょっとまとめました。

参考にして頂ければ嬉しいですね。

記事の調整・修正をする

さいごです。

リダイレクトの処理まで完了すればとりあえず運用はできますので後はゆっくりやっていきましょう。

  1. アイキャッチ修正
  2. 記事からGoogleAdSense削除してJINの「広告管理」に一任!
  3. 独自のCSSを入れ替え
  4. はてなブログPro解約
  5. (念のため)はてな側非公開設定

などなど、細々とした修正を地道にやっていきます。

一応、これではてなブログからロリポップサーバーWordPress移行完了です!

最後の非公開設定は効果のほどは正直わからないのですが、はてな側にもブログ記事データがあり、そのまま公開されてしまうのでGoogleから「重複記事」として扱われると厄介かなと思い。

さいごに

これからはてなブログからWordPress移行しようか考えている方の助けに少しでもなればいいなと思います。

では!

はてなブログとWordPress使いやすさや費用面収益面から徹底解説!副業、アフィリエイトブログを始める時に悩むのがどのブログを使うかですよね。筆者ははてなブログを1年程利用後WordPressへ移行しました。双方のメリット・デメリットを費用面、収益面から徹底解説いたします!...